嵐が好き。特に乙女な松本潤さんに夢中☆趣味や旅行のことも♪
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年05月18日 (火) | 編集 |
東野圭吾さんの小説をよく読みます。
最近では、伊坂幸太郎さんか東野圭吾さんってくらい偏った本の読み方をしていますが、最近

「使命と魂のリミット」



と言う本を読みました。

ミステリー・サスペンス小説でありながら、最後はほろりとさせる人間臭い話が多い東野圭吾さん。
この本も非常に読みやすく、医療現場を舞台にしながら、単なる医療ものではなくサスペンスになっていました。
そして、最後はああ!なるほどねぇと思う所もあり。
読んで損はない作品です。
医療現場もすごくリアリティがあって、すごい取材力だなぁと改めて実感。

取材力と言えば、前にエッセイも読みました。

「ちゃれんじ?」



これは、東野圭吾さんがスノーボードにはまり(おっさんスノーボーダー)ひたすらボードに行きまくると言うエッセイなのですが、結構シリアスな小説が多い東野さんが、ノリノリのおっちゃんってことが分かり、なんか意外で面白かったです。
イメージが変わりました。

やっぱりいくつになっても色々なことにチャレンジしないと新しいものは見えてこないんですねぇ!


スポンサーサイト
テーマ:本の紹介
ジャンル:小説・文学
2010年03月14日 (日) | 編集 |
最近読んでいた「一瞬の風になれ」
3巻あるので、結構時間かかってしまいましたが、久々に大ヒットの小説です。

話の内容としては、陸上部の高校生たちの青春ストーリー。
主人公が高1から高3までの青春と挫折等々のお話です。

元々青春スポーツものが大好きな私ですが、これは本当に良かった。
どのくらい良かったって、電車で読んでてもめっちゃ泣けてきて、電車で本読みながら泣いている気持ち悪い人になってしまうくらいです。
なんか自分が高校生のころを思い出すような、懐かしい思い。
すごく楽しくてすごくしんどかった、きっとこれから先もあんなに楽しいことはないんじゃないかと思うけど、戻りたいとは思わない。そんな高校生のことを良く思い出しました。

読みながらも、自分が高校生の時のことを思い出しまくって手が止まってしまったりもする。
そんな小説でした。
(合宿がしんどくて逃げ出した人の話とか。他校ではいたからなぁ(笑))

是非是非読んでみてください。

    

この本を読んでると、自分も相当走りたくなってきます!
ファミリーセールには出ないことを祈りつつ、新しいプーマのウィンブレを購入したんで、ちょっと頑張って走ってみようと思います!!!

ホノルルマラソン走りたいなぁ~!と最近本気で思っております☆

ホノルルと言えば、ハワイアンバーガー。
金曜日に「今日はハワイアンバーガー♪」って楽しみにしてマクドに行くと。。。。



「今日からカリフォルニアバーガー。。。」

ハワイアンが食べたかったのですごいショックでした。。
でも、カリフォルニアもおいしかった!トマトとかチーズとかハムとか入ってました。
なにがカリフォルニア?ってソースがカリフォルニアワイン?のソースなんと、チーズがカリフォルニアのやつなようです。
確かに、ソースはかわってておいしかったです☆

テキサスバーガーも復活するみたいなので、ハワイアン復活を願っときます!!



テーマ:オススメの本の紹介
ジャンル:本・雑誌
2010年01月22日 (金) | 編集 |
去年は「伊坂幸太郎」の年と言われていましたが、私も去年は伊坂幸太郎さんの作品を結構読みました。

私が、伊坂作品に出会ったのはこの映画からでした。

「アヒルと鴨のコインロッカー」



この映画に衝撃を受けて、本も読んでみました。



どっちもすごく面白い。
普通、小説を映画にすると面白くなくなるってのがよくあるけど、これは両方面白い!!
しかも、映像化は困難と言われていたこの作品をうまいこと映画にまとめていてすごいと思います。
すっかりだまされたもん。。

そして次は「魔王」を読みました。



これは、会社の先輩のめっちゃおススメやったけど、私には良く分からず。。
伏線がめっちゃ張られているようで、終わりはとても唐突。
文学作品ってこんなもんか?とてももやもやしました。

まだまだ懲りずに「グラスホッパー」



これは、面白かった。
伊坂作品の特徴である、時間を軸に展開するストーリーが楽しめました。
登場人物も「もしかして、こんな人本当にいるかも?(自殺専門の殺し屋とか)」
って思わせるような、そして、ストーリーもしっかりしている作品でした。

そして、一番最近読みました「重力ピエロ」



これが、伊坂さんの出世作?になるのかな?
映画化もされてるけど、私はそこまで。。って感じです。
他の作品と同じく、信念を持った登場人物が信念にしたがって行動するけど、うーーん。
どの作品の登場人物も基本理屈っぽいけど、春くんのことはあまり好きになれなかったです。
映画は、今をときめく岡田将生くんが春くんをやってるので、映画も見てみたいです。

今、アマゾンも全品送料無料らしいし、読書なんかもいいですね☆

私は、今日絶対ジムに行こうと思ってたのに、まだのどの痛みが残ってるのと寒いので妥協しました(いい訳ではございません
冬はやっぱり外に出れませんな。
テーマ:読書
ジャンル:小説・文学
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。